福岡大学病院 看護部[WEB]

Twitter

Facebook

看護の道を目指す人へ

#2

男性看護師

坂本 倫基Tomoki Sakamoto

入職年度:2014年(平成26年度)
*他施設で4年の経験あり
所属病棟・診療科:7階病棟(混合病棟)
糖尿病療養指導士

看護師を志望した理由は何ですか?

小学校の頃から人の役に立つ仕事がしたいと思っていて、自身の未来や患者・家族のために治療と向き合う方々の力になりたいと思ったことが看護師を目指すきっかけです。子どもの頃からの夢を実現し充実した日々を送っています。

現在の仕事内容と多職種のかかわりを
教えて下さい。

私は内分泌糖尿病内科、皮膚科、麻酔科の混合病棟に勤務しています。当院は病棟外来一元化のシステムのため、外来にも連携し勤務しています。仕事内容は、入院前の生活状況を確認し入院中の支援や退院後の支援などについて看護師のみでなく、医師や管理栄養士、薬剤師、退院支援専門看護師などチームで連携し検討しています。生活者としての患者さんを大切にし多職種で退院後の生活をイメージしながら、患者中心の支援に取り組んでいます。

福岡大学病院の魅力は何でしょう?

当院は特定機能病院であり、多くの診療科を持つ中で、充実した経験ができます。救命救急センターやICUなどクリティカルな患者やがん患者など慢性疾患の患者など様々な病気の方の看護に携わることが出来ます。教育体制や院内研修も充実しており、豊富な看護技術の取得や経験ができ安心して働ける病院です。専門看護師や認定看護師などとの連携も取りやすく、多職種、専門スタッフと連携しチームでアプローチすることができます。またパートナーシップナーシングシステムを取り入れており、先輩、後輩関係なく1人の看護師としての自身の考えや力を発揮することが出来る病院です。

看護学生へ先輩からのメッセージをお願いします。

看護師という仕事は入院中の看護やケアだけでなく、退院後の支援や時には家族も含めた看護など大変な面もありますが、とても充実感がありやりがいがある仕事です。ひとりひとりの患者さんへ誠実に向き合う事でお互いの信頼関係が構築され、患者さんが望む治療や生活に近づけることが出来る魅力的な仕事です。当院はスタッフそれぞれの考えを大切にする病院であり、仕事に対し達成感や充実感を楽しみながら働ける場所なので是非一緒に働きましょう。

#3 谷口法子